人生の転機。潰瘍性大腸炎の悪化で手術が決まり横浜へ大移動

今日は、人生の転機だ。朝起きると状況が一変していました。
主治医がとうとう手術を決断してくれたのです。

主治医が私の意見を聞いて、症状のデータを潰瘍性大腸炎の手術で有名な横浜の病院に送ってくれました。すると横浜の病院からすぐに緊急手術が必要。と言われたそうです。

 

・・・だから言ったじゃん。先生。

 

横浜の病院から今日の夕方に緊急手術をしますので、急いで来てください。と言われました。
親も呼ばれました。急な事なので部屋の整理もできていません。ドタバタです。
私は動けないのでほとんど何もしていませんが・・・。

 

私の入院している病院は静岡県の沼津市にあります。ここから横浜の病院まで行かなくてはなりません。
現在、朝の11時すぎ。親も到着し、部屋の整理も終わり、いよいよ大移動の始まりです。

スポンサーリンク

 

私は途切れそうな意識の中、どうやって行くのかな?と思っていました。親の車で行くのかな?母親はあまり長距離運転したことがないので大丈夫かな?

 

ところが待っていたのは救急車でした。なんと救急車で沼津から横浜まで連れて行ってくれるようです。ありがたいことです。

 

救急搬送用の担架に乗せられ、母親と看護師さん、それと新人の先生が付き添ってくれました。

(新人先生、首の管の時は腹立ったけれど、付き添ってくれてありがとう)

 

緊急手術をする為に本日の夕方までに横浜の病院に着かなくてはなりません。
現在12時前、予定では問題なく到着するはずでした。でも私の場合は何事もスムーズにはいきません。

また問題が起こってしまいました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。