退院1ヶ月後の定期診察日 

今日は退院して1ヶ月後の定期診察日でした。この1ヶ月間、お尻のヒリヒリと肛門の奥の痛みで苦しんできたので、先生にこの辛さを訴えようと思っていました。

しかし、ここ最近になって急激に回復してしまい、お尻が少しヒリヒリしている事しか言えませんでした。まぁ良いことですけどね。

お尻が少しヒリヒリしていることだけ言ったのでは、せっかくの診察が勿体ないので、たまにトイレに行くために夜、起きてしまう事を伝えると、ロペミンを処方されました。ロペミンとは下痢止めの薬ですね。寝る前にでも飲んで下さいと言われました。

スポンサーリンク

あとは、前のブログにも書きましたがバファリンプレミアムを飲んでいいか?
これには先生は「まぁ仕方ないよねぇ」で済まされてしまいました。でもとりあえずOKのようです。

先生にお尻も診て貰いましたが、狭窄(きょうさく)もなく順調とのこと。狭窄とは、術後稀に起こる合併症で肛門の出口が狭くなってしまうことをいいます。狭くなると便が出にくくなるので適切な処置が必要になります。とりあえず私は問題なさそうでした。

次の定期診察は3ヶ月後になります。体調はここ最近で急激に良くなりました。便の回数は7~10回ですが切れ痔も良くなり、お尻のヒリヒリも少しずつ良くなっています。

次の3ヶ月後まで何事もなく無事に過ごせたらいいな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。