ストーマ患者にとって装具は命です。余裕をもって管理しましょう。

スポンサーリンク

年が明けました。体調はすごく良いのですが、やはりストーマ周辺の肌荒れが治りません。日増しに酷くなっています。痒みや痛みも出てきています。ちゃんとケアしているつもりなんですが、何ででしょう?私の肌の問題なんでしょうか?

今日は、これからストーマ生活になってしまう。そんな方にアドバイスをします。それは、ストーマ装具は余裕をもって管理しましょう。

当たり前のことですが、ストーマ患者にとってストーマ装具は命です。ストーマ装具が無ければ、便がお腹からだだ漏れです。それは悲惨なことになるでしょう。

そして年末はストーマ装具を販売しているお店も休みになってしまいます。配達も遅れてしまいます。私はそこに頭が回りませんでした。

年末になり、ストーマ装具の数を数えていると袋が残り数枚になっていました。そこで、販売店に購入の連絡をすると年末なので配達が遅れると言われました。

現在、私は3~4日に1度のペースで交換をしています。そして配達予定日までの日数で逆算すると、ギリギリです。

装具装着には慣れたとはいえ失敗もたまにしてしまいます。失敗をしたからと貼り直すことは出来ません。1度、粘着力を失った面版は2度と貼れないからです。そして、配達予定日まであと2回貼り替える予定です。その2回の中で失敗してしまったら試合終了です。ストックがなくなります。

スポンサーリンク

私は焦りました。もしストーマ袋が無くなったらどうすれば良いのだろう?ビニール袋をお腹にくっつけるか?いやいや無理でしょう。

そのおかげでこの年末は何も楽しくありませんでした。常にストーマ装具の事を考えていました。交換の際も、慎重に慎重に行いました。

結果として、なんとか無事に失敗することなくストーマ装具が配達される日まで耐えることができましたが、本当にストーマ装具のストックが無くなったことを考えると怖かったです。

もし、災害等で避難生活をしていたらどうなるんだろう?慣れない環境の中で交換なんて今の私にはできません。ストーマ生活のデメリットは、その生活をしてみると、どんどん出てきます。やはり何事も自分で体験しないとわからないものですね。

なので、これからストーマ生活をされるという方がいましたら、装具だけは余裕をもって管理してください。この恐怖はたまらないですよ(笑)

 

さて1月10日のストーマ外来まであと数日です。やっとここまで来ました。あと少しできっとこの肌荒れの原因がわかることでしょう。楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。