ストーマ周辺の肌荒れが治りません。ストーマ外来に行ってきました。

スポンサーリンク

ストーマ装具の交換にはすっかり慣れてきたんですが、少しずつ面版を貼るところに出来た炎症が拡がってきています。治る気配がないので心配です。

私の入院していた横浜市民病院にはストーマ外来があります。しかし、自宅から新幹線を使っても片道2時間はかかってしまうので通うには難しい距離です。なので、近くにストーマ外来がないか調べてみました。

すると、長泉に静岡がんセンターがあり、ストーマ外来もあるようです。そこなら車で15分ぐらいで着きます。炎症がこのまま拡がりストーマ装具の張り付きが悪くなってしまっては大変です。私は静岡がんセンターのストーマ外来に行くことにしました。しかし、残念な結果になってしまいました。

がんセンターに着き、事情を説明して私のストーマ周辺にある炎症を診てもらおうと頼みました。しかし、断られてしまいました。

断られた理由として、この静岡がんセンターのストーマ外来は大腸癌の術後にストーマ(人工肛門)になった方専用の外来なので私のように潰瘍性大腸炎で大腸全摘をした人のストーマは診られないとのことでした。

診てもらえないものを無理にお願いすることもできないので、私はそのまま帰りました。大腸癌でストーマになった方と私と何が違うのでしょうか?皮膚の炎症の治療法に違いがあるのでしょうか?私はとても悲しかったです。

しかし、病院側からしても対象外の患者を診て不測の事態が起きたら困るのもわかります。落ち込んでいても仕方がないので、遠いですが横浜市民病院のストーマ外来に予約の電話を入れました。

すると予約を取れたのが、来年の1月10日でした。かなり先になってしまいます。しかし、他に診てもらえる所がないのでお願いしました。それまで、なんとか私の敏感肌が悪化しないことを祈るばかりです。

ストマ外来は全国で約640程の病院にあるそうです。しかし、私のように近くに診てもらえる病院がない人もたくさんいるでしょう。高齢の方は、特に大変でしょう。

日が経つにつれてストーマ閉鎖手術をしたい気持ちが強くなってきます。生きることに不安にならない、そんな日が来るのはいつになるのかな。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。