横向きに生えた親知らず「水平埋伏智歯」 治療記録 第一話

スポンサーリンク

こんにちは、わらべこ祭りです。

本日も見ていただきありがとうございます。

今回からしばらくの間は、私を何年も苦しませてきた「水平埋伏智歯」をついに抜こうと決心しましたので、その記録を残していきたいと思います。

水平埋伏智歯とは?

「水平埋伏智歯」

なかなか聞き覚えの無い単語ですよね。簡単に言うと歯茎の中に完全に埋まってしまった親知らずの歯の事を言います。こんな感じです。

このように下側の歯列の1番奥に生えた・・・しかも横向きで埋まっている歯を「水平埋伏智歯」といいます。

一般的な親知らずと違うところは、歯が横向きに生えている為、歯茎の中に埋まっていて口の中を鏡で見ても外からは見えません。

なので、この水平埋伏智歯がある事にも気づかず生活して、ある日、歯医者で撮ったレントゲンを見てビックリした方も多いのではないのでしょうか?

水平埋伏智歯があると何か害があるの?

そしてこの水平埋伏智歯ですが、何か害があるのか?

歯医者さんに聞いたところ

埋まっているだけなら何も問題はない。そのまま埋まったまま一生を過ごす人も大勢いる。

ただし、炎症を繰り返すようなら抜歯が必要

このように言われました。

私は子供の頃から虫歯が多かったので、大人になってからは定期的に歯のクリーニングを行うようにしています。

スポンサーリンク

この水平埋伏智歯の存在もずっと昔から知っていました。

そして、先生から「今は問題ないけど、炎症を繰り返すようなら抜歯も考えないとね~」と言われ続け現在36歳・・・とうとう何年か前から炎症を繰り返すようになってしまいました。

炎症はだいたい半年に1回の割合でおきて1週間ほど軽い痛みが続きます。放っておいても治るので、あまり気にしないようにしていたのですが、この炎症は歯を抜かない限り一生繰り返します。

なので、ようやく決心し行きつけの歯医者さんに治療をお願いしました。

町の歯医者でも抜歯できる?

行きつけの歯医者さんに抜歯の事を相談すると・・・

 

水平埋伏智歯の抜歯は大きな病院じゃないとできないよ。そして、そうとう痛いけど・・・覚悟はできたんだね?

こう言われました。

一瞬・・・やめようかなと思いましたが、ここまで来たら引き下がれません。

先生に水平埋伏智歯の抜歯ができる病院の紹介状を書いてもらい、診察に行くことにしました。

私が診察に行く病院は

「静岡県立がんセンター」

その名の通り「がん」治療の為の病院ですが、そこの口腔外科で水平埋伏智歯の抜歯をやっているとの事なので、紹介状を書いてもらうことにしました。

私と同じように「水平埋伏智歯」を抜歯した人のブログを見ると、麻酔をしても悶絶するほど痛いとあったので、かなり怖いですが仕方ありません。

がん専門の病院なので、きっと機材も最新の物を使っているはず。痛みもきっと少ないはず・・・。

そう信じて診察に行ってきます。

静岡県立がんセンターの診察日は2月23日なので、またその頃に更新します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。