アイソトープ治療前のヨード制限について

スポンサーリンク

こんにちは、わらべこ祭りです。

本日も見ていただきありがとうございます。オリンピア眼科でのバセドウ病眼症検査もクリアし、アイソトープ治療が24,25日の二日間に正式に決まりました。あとは治療に向けての食事制限です。これがアイソトープ治療をする上で最も大変で大切な事だと思います。

ヨード制限とは?

ヨード制限とは食事の際にワカメ、昆布などに多く含まれているヨードをできるだけ制限するという方法です。これはアイソトープ治療の一週間前から行います。

アイソトープの治療日を決めたら、その日から遡って一週間前からヨードをなるべく取らないように食事制限をしなければなりません。

これを守らないと最悪、治療の中止や失敗にする恐れがありますので慎重に行わないといけません。

なぜヨード制限が必要なの?

ではなぜヨード制限が必要なのか?

まず甲状腺が何をエネルギーにして甲状腺ホルモンを作っているか?という所からですが、そうです。ヨードをエネルギーにしているんです。

アイソトープ治療の際に使う放射線は甲状腺に集まりやすい性質を持っていますが、甲状腺がヨードで満たされている場合では、うまく吸収してくれません。

なのでアイソトープ前にいかに甲状腺を飢餓状態にさせておくかが大事になってくるんです。

そこで治療一週間前からヨードを絶ち、甲状腺を腹ぺこ状態にさせておいて、そこに放射線(餌)をズバーッと投入するって事なんですね。

食べられない物とは?

禁止する食べ物として、1番大事なのか海藻類。これは他の食材と比べても桁外れにヨードが多いです。海藻類を少し食べただけでも治療効果に影響してしまうと言われています。

では、病院から貰ったパンフレットを参考にして書いていきますね。

☆海藻類・・・昆布、わかめ、のり、ひじき、もずく、めかぶ、ところてん

☆昆布・海草の加工品・・・とろろ昆布、昆布の佃煮、おやつ昆布、酢昆布、昆布茶、黒や緑のこんにゃく

☆昆布やヨードが含まれている調味料・・・昆布だし、和風だし、めんつゆ、だし入り味噌と醤油、ポン酢、すし酢、和風ドレッシング、すき焼き割り下、しゃぶしゃぶのたれ、鍋のつゆ、海外の塩

☆昆布やヨードが含まれている加工食品・・・インスタントラーメン、味噌汁、カップスープ、キムチ、漬け物、ハム、ソーセージ、かまぼこ、ちくわ、さつま揚げなどの練り物、ヨード卵、お茶漬け、ふりかけ、せんべい、スナック菓子

☆清涼飲料水・・・十六茶、スポーツドリンク、一部の麦茶

☆魚・・・たら、たらの加工品

☆肉類の内臓部分・・・レバー、ホルモンなどの内臓部分

☆栄養補助食品・・・サプリメント、栄養ドリンク剤、市販の漢方

☆外食・・・調理に何が使われているか分からないため、なるべく避ける

とまぁ・・・こんな感じです。

実際、体験してみると分かるんですが、わかめ昆布ってエキスとなって色々と使われているんですよね。エキスでも使われていたらもうアウトです。

ハンバーグならいいかな?とコンビニで手に取って材料を確認するとちゃっかり昆布エキスが隠し味として使われていたり・・・コンビニの弁当はほぼアウトと思っておいてください。

あとは調味料も困ります。これも何かも昆布エキスを入れたがる傾向があります。使うときはしっかりと成分を見て下さいね。

スポンサーリンク

最後に塩ですが、「海外の塩」と書いてあるのには意味があります。それは海外ではワカメや昆布を食べる習慣が無いので、わざわざ塩にヨードを足しているんだそうです。なので海外の塩を使うと知らないうちにヨードを大量摂取している。なんてことにもなりかねませんので気をつけて下さい。

食べられる物とは?

禁止食品が多すぎて食べられる物ないじゃん!と思いがちですが、そうでもありませんのでご安心を。

食べてよい食品としては

☆食材・・・野菜、果物、肉(内臓以外)、豆(納豆)、きのこ、いも、えび、ほたて

☆炭水化物・・・白米、玄米、雑穀米、食パン、ロールパン、バケット、うどん・そばの麺、パスタの麺、中華麺

☆だし汁・・・かつおやにぼしのだし汁、しいたけのだし汁、鶏ガラなどの肉のだし汁

☆昆布やヨードの入っていないことを確認した調味料・・・砂糖、はちみつ、バター、ケチャップ、マヨネーズ、みりん、岩塩、昆布だしの入っていない{醤油・味噌・酢・ソース・コンソメ・塩}

こんな感じです。

注意しないといけないのは、例えば納豆はOKですが付属のタレはNGということです。付属のタレには昆布だしが高確率で入っています。

また、そばやうどんの麺はOKですが、かけそば・かけうどんはNGです。スープにダシが入っていますからね。

小さな事ですがマヨネーズにも卵の黄身だけを使った卵黄型、卵と白身の両方を使った全卵型の2種類があります。

卵黄型にはヨードが多く含まれているため、できれば全卵型を使った方が良いと思います。
私は味の素さんのピュアセレクトを使っていました。こちらは全卵型のマヨネーズになります。

食べてもよいお菓子

禁止食品のなかに、せんべいやスナック菓子があるので、お菓子は全て禁止なのかな?と思いそうですが、そうではありません。

お菓子の中でも食べられる物もあります。ただ細かく指示しても混乱するだけなので病院では一律禁止にしているそうです。

そこで食べられるお菓子はないか?と聞いてみたところ、結構ありましたので紹介します。

アイソトープ お菓子

こんな感じです。チョコレート菓子は1日1個と制限がありますが、ビスコやカロリーメイト(チーズ味のみ)、チップスターは特に制限のないので、私は結構食べました。それでも無事アイソトープできましたからやっぱり問題ないのでしょうね。

最後に

食べられない物も多いですが、探せば意外と食べられる物も多いです。小腹が空いたらバナナを食べましょうw

ありがたいことに米と肉はOKです。塩コショウで焼いて食べましょう。

たかだか治療前の一週間と治療後4日間だけの辛抱です。少し栄養が偏っても死にはしません。

野菜はOKなのでベジタリアン生活で前より健康になれるかもw

ヨード制限を頑張れば頑張っただけ治療効果が上がると言われています。

これからアイソトープ治療を行う方、大変ですけど頑張って下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。