診察待ち時間更新。それと第二期手術の日程が決まりました。

スポンサーリンク

今日も診察日でした。そして診察待ち時間の記録更新をしました。なんと5時間待ちです。嬉しくない記録更新ですね

私の予約時間は11時です。いつものように11時前に健気に到着し受付を済まして、ひたすら自分が呼ばれるのを待っていました。

横浜市民病院は潰瘍性大腸炎で人気の病院です。たくさんの患者さんがこの病院の診察を受けるために来ています。私のように遠方から来ている人もたくさんいます。なので待ち時間が長くなるのは覚悟の上でした。

しかし、今回は1時間2時間3時間・・・いっこうに呼ばれる気配がありません。さすがにおかしいです。周りの人たちも、生きる屍のような表情で待ち続けています。

私は気が小さいので、不満があっても聞けません。イライラしながらも待ち続けていました。すると業を煮やした1人の患者さんが受付に怒鳴り込みました。

「いったいどうなってるんだ?何時間待たせるつもりだ!」

私も気になっていたので聞き耳を立てました。
受付の人の話を聞くと、どうも緊急の患者さんが来てしまい、緊急手術で先生がそちらに行ってしまった為、普通の診察が後回しになっているとの事でした。

怒鳴り込んだ患者さんは結局ぶつぶつ言いながら帰っていきました。

スポンサーリンク

私は、何で私の診察日にそんな患者さん来ちゃうのかな。ってイラッとしたと同時に、あることを思い出しました。

「私の緊急手術の時もこんな感じで患者さんを待たせちゃったのかな?」・・・と。

私の緊急手術は夕方5時くらいに行われたと思います。その時間はまだ普通に診察時間なので、きっと今日のように患者さんを待たせてしまったのでしょう。そんな自分が文句を言ってはいけませんね。

我慢してひたすらに待ちました。そして5時間後の16時に診察室に呼ばれました。座りすぎてお尻が痛いです。

今回の診察の目的は前回の内視鏡検査の結果を踏まえて、第二期手術日を決めることです。そしてその結果は、2月24日に入院して27日に手術することに決まりました。

先生が言うには、たまたまその日に手術予定だった人が、延期になって空いていたそうです。私の気にしていた内視鏡検査の方も第二期手術で残す部分の炎症は少ないので問題ないでしょう。とのことでした。私にしては珍しくラッキーでした。

内視鏡検査で大腸がズタズタでしたので、第二期手術はもう少し先になることも覚悟していましたが、嬉しい誤算です。

さあ、もう一息だ。頑張れ私。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。