「春に散る(下)」を読んでみた感想 叶わなかった夢の続き

スポンサーリンク


こんにちは、わらべこ祭りです。 本日も見ていただきありがとうございます。

「春に散る(下)」という本を読んでみました

『春に散る』は著:沢木耕太郎さんの長編小説です。
この小説は朝日新聞で2015年から16年の8月まで連載され大きな話題を呼び2016年の大みそかに単行本として刊行されました。

この小説に出会ったきっかけは無類の読書好きの会社仲間に「最近で1番面白かった本は?」と聞いたところ、この『春に散る』の名前が出てきました。

話を聞いているうちにとても気になり実際に読んでみて、とても面白かったので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

「春に散る」ってこんな物語

この物語の主人公は年老いた元ボクサー広岡仁一。

 

才能豊かで将来は世界チャンピオンも!?

と期待されていたボクサーでしたが日本タイトル戦での不可解な判定負けをきっかけに日本を出てアメリカに旅立ちます。

しかし、協力者のいない異国の地での挑戦は無謀でした。結局、彼はチャンピオンとは無縁のボクサー人生を歩むことになってしまいます。
引退後はボクシングと関係の無い職業に就き、お金には困らないまでにはなったものの何か心にぽっかりと穴が空いたような日々。そして年齢から来る体の不調。

ふと彼は故郷である日本に帰ろうと決心し、そこから物語が始まります。

広岡が40年ぶりに帰ってきた日本は当時とは全く別の日本になっていました。当時通っていたボクシングジムも改装されて新しくなっています。

まず彼が日本に帰ってきて起こした行動が、かつてのボクシング仲間達に会うこと。
当時は広岡の他に3人のボクシング仲間がいました。共に小さな寮の一室に住み、食事もトレーニングも常に一緒で『いつかはチャンピオンに』という思いで充実した毎日を送っていました。

しかし、この3人もチャンピオンになれず引退し、それぞれが別の人生を歩んでいました。

 

ボクサーにはチャンピオンかそれ以外しかない

 

チャンピオンになれなかった仲間達の人生は暗いものでした。

そんな中、ひょんな事から一人の若いボクサーと出会い、その成長が彼らの生きる糧になっていきます。

下巻を読んでみた感想

さて上巻が読み終わり、早々と下巻も読んでしまいました。

下巻では上巻の最後に出会う事になった若い元ボクサーを世界チャンピオンへと成長させる事を目標に年老いた4人の元ボクサーが残り僅かな人生をかけて彼を鍛えていきます。

ネタバレになってしまうとこれから読む人がつまらなくなってしまうので、あまり内容に関してはここでは話しません。

この下巻では、4人の年老いて生きる目的を失いかけている元ボクサーが、達成できなかった自らの目標である『世界チャンピオン』というものを一人の若者に託します。

それぞれの思いを込めて、得意だったボクサースタイルをたたき込みます。

本当は、もう残りの人生に何もなく、あとは死ぬだけの魂が半分抜け落ちた老人達が生きがいを見つける事で自身と気力に満ちあふれてきます。

主人公の広岡はアメリカに不動産を持ち経営もしていてお金に関しては困っていません。しかし心臓に病を持ち今更やりたいこともなく、『いつ死んでもいい』と思っていたのに、いつの間にか『こいつがチャンピオンになるまでは見届けたい』と思うようになっていきます。

この本を読んで思ったことは、『生きる意味』というものの大切さ。

どんな事でもいいんです。自分にとって楽しいこと。やりがいのあること。

そんなことを見つける事が『人生』なんだなぁって思いました。

スポンサーリンク

わらべコメント

さて、私が上巻でずっと気になっていた不動産屋で働いていた土井佳菜子ちゃん。20歳そこそこの彼女がなぜ広岡達老人と、これほどまで親密な関係になっていくのか?

不思議で仕方ありませんでした。

その関係は下巻では更に深まります。

しかし!!

その謎をちゃんと本の中で解説してくれていました。

これで私はスッキリですw

上巻を読んで私と同じようにモヤモヤしている方は是非、下巻も読んでみることをお薦めします。

 

↓Amazonでの購入はこちら↓
↓楽天での購入はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

春に散る 下 [ 沢木耕太郎 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/10時点)

 

この本の作者について

沢木耕太郎(1947年11月29日生まれ)

東京都立南高等学校を経て、横浜国立大学経済学部を卒業。
1970年、ルポライターとして『防人のブルース』でデビュー。

名前はペンネームで本名は公表されていない。

主な受賞歴
  • 1979年 『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞
  • 1982年 『一瞬の夏』で第1回新田次郎文学賞を受賞
  • 1985年 『バーボン・ストリート』で第1回講談社エッセイ賞を受賞
  • 1993年 『深夜特急 第三便』で第2回JTB紀行文学賞を受賞
  • 2003年 これまでの作家活動で第51回菊池寛賞を受賞
  • 2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞を受賞
  • 2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞を受賞

 

最後までお読みいただきありがとうございました。