大腸全摘後、初めての風邪の症状 6日目

風邪をひいて6日目です。朝の感じは、少し良くなった感じがします。でも、今日は会社の行事本番です。はたして声を出すことができるんでしょうか。

私の会社では1年に1度、消火栓大会という名の行事があります。これは全国にある支社から選抜されたメンバーによる消火栓操法の実技大会です。

私は、まだ会社復帰して数ヶ月しか経っていませんが、なぜがメンバーに選ばれてしまいました。おそらく私が断れない性格というのを知っているからでしょう。
しかも、指揮者という1番重要で声を出さないといけない役目に・・・こんな病弱な私をなぜ選ぶのか正直よくわかりません。

そして、大会数日前から風邪をひいてしまうという災難。

今日は大会本番の日ですが、まだ少し咳や痰が出ます。

スポンサーリンク

大会の緊張よりも、ちゃんと声が出せるかどうかが心配でした。

開会式が終わり、支社ごとに実技が行われます。

本番直前に、喉に違和感があったので、下を向いて思いっきり痰を出そうとしたら500円玉サイズの大きな痰が出ました。ビックリです。

でも、そのおかげか実技中は咳きも痰も出ること無く順調に終わることが出来ました。

そして順位も4位と好成績をとることができました。

この消火栓大会が終わるまでは、仕事の休みの日に訓練があったりして面倒で仕方なかったのですが、終わってみると、やって良かったのかもしれません。この体でもやり遂げられたという自信が少しつきました。

大会も終わったので、あとはゆっくり休息して体調の回復に専念したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。