大腸全摘後、初めての風邪の症状 4日目

風邪をひいて4日目。どうにも良くなりません。なのでとうとう病院へ行くことにしました。

近くの病院に行ってみると、ものすごく混んでいて何時間も待ちそうだったので、もう1つの候補の病院へ行きました。

すると、そこの病院は逆に誰もいません。病院でも、これほどの差があるんですね。人がいないと、それはそれで心配です。

でも風邪薬が貰えればいいので、その病院で診察を受けました。

診察室に行くと中年の優しそうな先生がいました。見た目は安心できそうな先生です。

初めてかかる病院なので、私の今までの病歴を伝えました。大腸全摘したことを伝えると、たいそうビックリして心配してくれました。そして色々と体について聞いてくれました。やはり私のような体の人間はあまりいないから興味があるのでしょうね。

そして体調を伝えると、おそらく風邪だろうということで喉の奥をヘラを使って見ます。

その時です・・・この病院に患者がいない理由が少し分りました。

それは、先生の手が常に震えているんです。

スポンサーリンク

その震えた手で喉の診察をします。私は診察を受けながら「この先生もしかしてバセドウ病なんじゃないのかな?」と思っていました。

結局、手の震えの原因はわかりませんでしたが、患者さんにとって先生の手が震えているのは心配になるでしょうね。もしかするとコレが患者さんを減らしている原因なのかもしれません。

診察の結果は、やはり「風邪」ということでした。ただ大腸全摘をして脱水をしやすいので念のために点滴をすることになりました。

手の震え以外は、しっかりとした先生でした。これからも軽い体調不良の場合はこの病院に行こうと思います。

大量の薬も貰い、これで早く良くなってくれることを期待します。

風邪薬

ただ明日からは、出張です。1ヶ月以上続けてきた会社の訓練の発表があります。そこで私は指揮者を任されているので声をたくさん出さなければいけません。

大丈夫なのかな?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。