大腸全摘1周年 大腸無しでの富士登山に行ってきました

スポンサーリンク

今日は大腸全摘1周年です。去年のこの日は入院している病院から約100㎞離れた横浜市民病院へ緊急手術の為、救急搬送され、あれよあれよと大腸が無くなりお腹にストーマが付きました。

あれから1年・・・辛いことが多かったけど今は手術して良かったと思っています。

現在の体調は1日のトイレ回数は4~6回。漏れも日常では無くなりました。ただランニングをしていると、たまに漏れます。まぁこれは仕方ないのかもしれませんね。
他は日常生活を送る上では何も不自由はありません。

心配なのは風邪をひいた時にどうなるか?ですね。
大腸が無くなって水分の吸収が人よりも悪くなっています。普段は問題なくても風邪等をひいて体調を崩したときに水分や電解質の吸収が更に悪くなり脱水症状を起こしやすくなるようです。

でもこれは、いつか風邪をひいた時に分かることで今考えても意味無いんですよね。なのであまり考えないようにしていますが、たまに考えてしまいます。こんな性格だからきっと病気になるんでしょうね。

話は変わりますが、先日、会社の行事で富士登山に行ってきました。私はこの体では無理だと思っていたので断るつもりでしたが、支社長の口車にのってしまい参加することになってしまいました。

そして富士登山当日。あいにくの雨です。私は「中止だな。ラッキー♪」と思っていました。
しかし会社の人達は頭がおかしいのか、やる気満々です。中止という声は誰からも上がりませんでした。

小雨の降る中、御殿場の登山道入り口まで車で行き五合目までの富士登山の始まりです。

富士山 気温

この時期の富士山は寒いです。今日の気温は2℃。そして雨です。私は御殿場まで来てもまだ「中止でしょ?」って思っていました。しかしその願いも届かず、皆さんどんどん歩いて行きます。

最初は「マジかよ・・・」と思っていた私も会社の人達と話しながら歩いているうちに、そんな思いはどこかに飛んでしまい少しずつ楽しくなってきました。

もう始まってしまったものは仕方ありません。せっかくなら楽しんだほうが良いですからね。そんな思いで少しずつゆったりとしたペースで登って行きます。

スポンサーリンク

IMG_0011(1)こちらは、スタート地点で私達を迎えてくれた「カエルさん」です。

雨が降っていたのでカエルさんにとっては”良い”天気なんでしょうね。

元気にピョンピョンしてました。

富士山 3合目ゆったりとしたペースで三合目に到着し少し休憩です。

気温2℃で雨が降っていましたが合羽を着ながら歩いていると、体が熱くなってきます。

合羽を着ている人もいましたが、”そんなの関係ねぇ”精神で濡れたまま歩いている人もいました。元気な人達です。

私はもちろん合羽を着ました。風邪をひいてしまうのが怖いですからね。

 

 

休憩が終わるとあとはひたすら歩きます。さすがに元気だった皆さんも息を切らしています。

私も辛かったですが限界というわけでもなく、みんなと同じペースで歩くことができました。普段ジョギングをしているおかげかもしれませんね。

富士登山5合目そしてスタートから3時間ぐらいかけて、ついにゴールの五合目に到着しました。

さすがに皆さんクタクタです。誰かが「どうせならもう少し登る?」と言いましたが無視されました。まぁ当然ですよ。

 

 

そして無事に下山して名物のほうとうを食べて帰ってきました。

この富士登山は登る前は本当に心配でした。トイレの心配もあります。
「はたして登れるのか?」
「途中で倒れて迷惑をかけることになるんじゃないか?」

スタート地点から五合目まで標高は約2300mあります。大腸無しでも富士登山ができました。
この体でも山登りが出来るんだ!この体に少し自信がつきました。

最初は渋々参加の富士登山でしたが、本当に行って良かったと思いました。

次の目標は12月の富士スピードウェイで行われるマラソン大会です。

大腸無しの体でもマラソンが出来ることを証明してみせるぞ。

・・・8.8㎞だけだけどね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。