第二期手術 術前入院生活2日目。病院の気遣いに感動しました。

スポンサーリンク

第二期手術まであと2日です。手術の説明は明日行うことになったので、今日は何もない1日でした。あえて言うなら・・・

まずは朝食です。パンと半熟卵とサラダ。

入院2日目、朝食

そして昼食です。パンと煮魚と冷や奴とサラダ。

入院2日目、昼食

それから夕食です。パンと豆腐ハンバーグと野菜スープとサラダとバナナ。

入院2日目、夕食

 

さすがの私も夕食を食べているときに何かがおかしいことに気づきました。

そうです。パンばかりなのです。昨日の昼食と夕食を合わせて5食連続パン祭りです。しかし、献立には「全粥」と書いてあります。なぜ私だけパンなのだろう?

すこし考えましたが、すぐに答えはでました。

私の入院している横浜市民病院では、主食をご飯にするかパンにするか決めることができます。基本はご飯になるので、何も言わなければご飯(お粥)が出てきます。ご飯よりもパンが好きな人は看護師さんに言えば全てパンにすることも出来ます。

前回の入院の時に、術後お粥ばかりで飽きてしまい「全てパンにして下さい。」とお願いした事がありました。その後の主食は全てパンになり美味しく戴き、無事に退院しました。

その前回の入院時の注文を覚えていてくれたという事なんです。私は感動しました。入院患者なんて短期間で入れ替わります。特に内科の入院患者と違って外科の手術をした患者は、回復が早いのでコロコロ変わるはずです。そんな私の些細な注文が活きていたんです。
一流ホテル並の気遣いですね、ありがとうございます。

 

ただ、そろそろお粥も食べたいよ。・・・とは言えませんでした。すいません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。