抜歯窩に詰まった食べかすが取れない?意外と簡単に取る方法があります。

スポンサーリンク

こんにちは、わらべこ祭りです。

本日も見ていただきありがとうございます。
横向きに生えた親知らず「水平埋伏智歯」の抜歯をして3ヶ月になります。そして未だに左側に抜歯窩(抜歯した時にできる穴)が塞がりません。ちなみにこの漢字の読み方は「ばっしか」と読みます。

抜歯後1~2ヶ月ぐらい続いた知覚過敏の症状は治まってきているので、少しずつ良くなっているのかもしれませんが、この抜歯窩のせいで食事の度に食べかすが詰まり、ものすごい不快感が続いています。

今回は自分なりに発見したこの抜歯窩に食べかすが詰まる問題の解決策についてまとめておきます。

抜歯窩に詰まったものは無理に取ろうとしない事

まず1番大事なことは抜歯窩に詰まった食べ物を取ろうとするあまり、爪楊枝などの鋭利なもので無理矢理取ろうとする方がいます。

これは1番やってはいけません。

なぜなら抜歯窩周辺の歯茎は現在、元に戻ろうと頑張って修復作業をしている段階です。その時に爪楊枝で歯茎を傷つけてしまうと、修復に更に時間がかかってしまうからです。

『取りたいけど無理には取らない』

これだけは守りましょう。

とはいえ、抜歯窩に食べ物が詰まった状態は違和感があるし、放置していると酷い口臭にも繫がります。

どうにかして取りたいですよね。

そこで私が発見した抜歯窩に食べかすが詰まった際の掃除方法をご紹介します。

プラウトを使う

プラウトとは歯間ブラシです。本来は歯と歯の隙間を磨くための歯ブラシになります。

私が試したのは以下の2つの商品です。

①クリニカ アドバンテージ デンタルタフト

 

②エビス ポイントブラシ やわらかめ

①クリニカアドバンテージ デンタルタフト

まずは歯ブラシでも有名なクリニカ製品を試してみました。

この商品は”毛の硬さ”が「かため」しかありません。その為、1本1本の毛が結構しっかりしています。

本来の用途である歯間に使う分にはとても良い商品なんでしょうね。

ただ私の場合のようにデリケートな抜歯窩に使うには少し毛が硬いかな?と思いました。少し強くブラッシングすると軽い痛みがあります。

ということで、抜歯窩の詰まりにはあまり適さないと思いました。

②エビス ポイントブラシ やわらかめ

続いて試したのは最近歯ブラシ業界に旋風を巻き起こしているエビス商品です。

結果的にこちらの商品の方が私には合いました。

その1番の理由は、やはり毛の堅さです。

このエビスさんのブラシは「やわらかめ」ということで、まるで歯茎をマッサージしているかのような優しさがあります。

抜歯窩に入れて擦っても痛くありませんでした。

これはオススメですよ。

そして更に快適に食べかすを取り除く方法を私は発見しました。それは・・・

ブラシに少し手を加えて更に快適に

この2つの商品は本来の用途はあくまで「歯間ブラシ」です。

抜歯窩の食べかす掃除用に開発された商品ではありません。

なので惜しい部分が一つだけあるんです。それは・・・

毛が太いんです!

抜歯窩

スポンサーリンク

私の抜歯窩はあまり大きくありません。小さいからこそ食べ物が詰まって取れなくなってしまうんです。

なので、そのままこの商品を使っても抜歯窩の奥までキレイに届きません。

そこで私は考えました。そして出た答えが・・・

 

『余分な周りの部分をハサミで切って細くすればいいんだっ』

これが大正解でした。実際に切ったブラシがこちらです。

抜歯窩

分かりますかね?少し細くなってますよね。

こうやって細くすることによって小さな抜歯窩にもキレイに入ってくれます。

抜歯窩の掃除方法について

さて、ブラシの改造が終わったらいよいよ掃除です。

ただデリケートな抜歯窩です。慎重に掃除をしなければいけません。そこで準備をしたいのが

  • ライト

この二つは抜歯窩掃除に必須です。

まず机に口の中が見える程度の鏡を置きます。でもそれだけでは口の中の奥は暗くて見えません。そこでライトが必要になってきます。

できれば卓上ライトで口の中が見えるようになる物が良いですね。両手はフリーに使いたいので。私はこんなライトを使っています。

 

これで準備万端です。

鏡を見ながらライトで口の中を明るくさせて、慎重にブラシで食べかすを取ります。

最初は難しいと思うかもしれませんが、慣れると簡単に取る事ができますよ。

最後に

いかがでしたか?

抜歯窩に食べ物が詰まると色々と心配してしまいます。でもその度に歯医者で取ってもらうのも大変ですからね。

少し工夫すれば自分でも取る事ができます。

ただし!

ゴシゴシ擦ってはいけませんよ。優しく優しくが基本です。

 

↓Amazonでの購入はこちら↓
↓楽天市場での購入はこちら↓

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク