誤ったトングの使い方が食中毒を招く 簡単に予防する方法とは?

スポンサーリンク

こんにちは、わらべこ祭りです。 本日も見ていただきありがとうございます。 さて、今回ご紹介するのは・・・

バーベキューでのトングの使い方に注意。誤った使い方をしていると食中毒を招く危険があります。

これからのシーズン、友人や知人達とバーベキューをする方も多いかと思います。外で仲間と食事をするという非日常的な時間はとても楽しいものですね。

 

バーベキュー

しかし、誤ったトングの使い方は食中毒を招く危険性があります。

そんなトングの正しい使い方について調べてみました。

なぜ食中毒はおこるのか?

夏になるとテレビ等でO-157食中毒のニュースを見かけることがあります。よくあるのがバーベキューや焼き肉店での食中毒です。

なぜ食中毒がおこるのでしょうか?それは店の管理状態が悪いだけではなく当人のトングの使い方にも問題がある場合が多いのです。

新鮮な肉というのは基本的に菌に汚染されていることはありません。ただ無菌なのは、あくまでも肉の中であり表面には外からの菌が付着してしまうことがあります。

肉の表面についた菌も75℃以上で1分以上加熱すれば、菌は死滅します。なので正しいトングの使い方で焼いている場合は食中毒にはなりません。

しかし、以下のようなトングの使い方をしていると肉に菌がついた状態で口の中に入ってしまいます。

1.生肉をトングでつかみ焼く。
2.焼き上がった肉をトングでつかみ、お皿に盛る

このような使い方をしていると、せっかく肉の表面を焼いて菌を殺したのに、お皿に盛る際にトングに付いている菌が焼いた肉に付いてしまいます。

先ほども言いましたがO-157菌は75℃の熱で死滅します。肉の外側をしっかりと焼くことによって菌は無くなります。しかしお皿に入れる為のトングも同じでは意味がありません。

通常の細菌性食中毒は100万個単位で感染すると言われていますが、このO-157 菌は数が少なくても100個程度もあれば充分感染する可能性があります。

そして、小さいお子さんや体調を崩している方は免疫力が低いので特に注意が必要です。

正しいトングの使い方とは?

正しいトングの使い方は、簡単です。生肉を焼き網に入れるトングとお皿に盛るトングを分けることです。

1.トングを2つ用意する
2.生肉用のトングを使い焼き網に肉をいれる
3.焼き上がったら盛り付け用のトングを使いお皿に盛る

以上です。とても簡単ですね。ただこの事を守れない、知らない人が多いのが現実です。危ないトングの使い方をしている人いたら教えてあげましょう。後で辛い思いをするのは自分ですからね。

最後に

いかがでしたか?

楽しいバーベキューの思い出が辛いものにならないようにする為にも正しいトングの使い方を守り、美味しくお肉をいただきましょう。

2016年6月19日放送予定の「健康カプセル!元気の時間」でもトングの使い方についての紹介があるようで。気になる方はこちらもご覧下さい。
番組情報:健康カプセル!元気の時間

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。